肩こりに苦戦することもあります

こんにちは!

福岡の鍼灸院おるき、院長の小野です。

今日は、治療で治らない時の話について。

ここ最近の話ですが、とある肩こり患者さんの肩こりに対して絶賛苦戦中です。

どう苦戦しているかというと、施術をしても患者さんの自覚症状として、全く症状に変化が感じられないという、はっきり言って全く効いてないじゃないかというぐらい苦戦しています。

しかもその患者さんが重病人だったり、大変ご年配で累積の疲労があったりというわけではなく、どちらかというと若くて1回で効果を出して、そのあとはセルフケアを伝えるだけで通院しなくても大丈夫になるぐらいにしなければ恥ずかしいぐらいのご年齢だったりして・・・

久しぶりに自信を打ち砕かれた感覚になりました。

さて、ここで、当院が患者さんにいつもしている、とても大切な話をします。

治療で良くなるとはどういうことか

鍼灸院や整骨院、整体院、それと病院などは治療を提供しています。

その時、治療院(病院)の先生は、これまで自分が学んできた知識の範囲内で、可能性の高いものを考え、その症状が解決するように施術を行います。

その知識の範囲内に患者さんの症状(今回だとあるパターンの肩こり)が収まっていれば治るし、収まっていない場合にはどれだけ通っても治らないということになります。

患者さんにとって大切なのは、先生の話を盲信的に信じるのではなく、『最初は先生の言うことは信じない!』と疑ってかかることであり、治療を提供する側は施術が終わった後に『なんだこれ!?こんなに身体が変わるんだったら絶対に治るじゃん!』という感動を与えられるぐらいの施術を提供できなければいけないと考えています。

それに、効果ゼロだった場合、いくら回数を重ねても効果はゼロのままです。

効果が出ない治療を受け続けるのは、時間、費用、そして人生の損失になります。

少なくとも、当院の患者さんにはそれは感じて欲しくなくて、毎日勉強しています。

 

さて、今回苦戦している肩こり患者さんは、施術している側の体感としても、明らかに症状の改善が得られていませんでした。

皮肉なことなのですが、そういった患者さんほど、我々を成長させてくれるのも事実です。

小野はこれまで多くのセミナーに参加してきて、セミナーなどでも色々とお話をさせていただく身になって、だんだん学びをいただけるのが「これまでの知識では治せなかった患者さん」になってきました。

今回の肩こり患者さんは非常に貴重で、現在はこちらからお願いして無料で技術を提供させていただき、そのお身体から学ばせていただいています。

いくつか新しい手技が生まれ、それによって五十肩や頸椎症で苦しんでいた方がこれまで以上の治療効率で改善できるようになったのですが、まだ肩こりは取れません・・・泣

まぁ、治療を行っていればそういうこともあるのです。

今回のパターンの肩こりは絶対に克服し、どんな肩こりでも1発で治せるようになりたいですね。

基本的にはお悩みの症状に対しては対処できることの方が多いかと思います。

お困りの症状がある方は福岡の鍼灸院おるきにご相談ください。

お問い合わせ・ご予約は、お電話でも承っております。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

お問い合わせご予約

関連記事一覧

当院のコンセプト

“大学病院で活躍した技術”をベースに、慰安的な施術や安易な電気治療ではなく、結果にこだわった治療を提供します。
“予防”と“生涯の健康”をテーマに、いくつになっても輝ける人生をサポートします。
あなたの目標に合わせた最適な改善方法を提案し、’’先生がいるだけで安心’’と思っていただける治療院を目指します。

当院のモットー

“身体の可能性”を限界まで引き出し、痛みのない身体づくりに貢献します。
痛みや痺れなどのお悩みを解消し、一生自分の足で歩きたい。
無駄な手術をしたくない。もっとスポーツを続けたいなどのあなたの目標達成をサポートします。

PAGE TOP