運動後のストレッチについて

皆さま、こんにちは。
福岡市の鍼灸院おるきスタッフの土斐崎です。

今回は、ストレッチについて書いていきます。

ストレッチといえば、運動の前後やお風呂上がりに行うことが多いと思いますが、毎回同じように行っていませんか?

実はストレッチの仕方で「動的ストレッチ」「静的ストレッチ」に分けることができます。
それぞれ効果は違うので、運動前後に同じようにストレッチをしていると疲労が抜けなかったり、怪我に繋がることがあるので注意が必要です。

まずは、それぞれの特徴について書いてきます。

「動的ストレッチ」

「動的ストレッチ」とは、運動前に行っていくストレッチです。
反動をつけながら体を伸ばしていく方法で、例えばラジオ体操などがこのストレッチに該当します。
運動前に行うことで、筋肉の緊張感を高めてくれるので怪我の防止に繋がります。

「静的ストレッチ」

次に「静的ストレッチ」とは、反動をつけずに体を伸ばす方法で運動後に行うと有効です。
ストレッチで一つの筋肉を伸ばす際に、30秒程キープすることでしっかり効果を出すことができます。
このストレッチを運動前に行うと筋肉の緊張感が低下するため、いつもよりうまく力が出なくなり、怪我に繋がることがあるので注意ください。

ストレッチの仕方で効果が変わってくるので、運動の前後で使い分けて、怪我の防止に繋げましょう。

しかし、気をつけていても運動中に痛みや違和感を感じることがあると思います。

その際には、鍼灸院おるきに一度ご相談ください。

お問い合わせ・ご予約は、お電話でも承っております。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

お問い合わせご予約

関連記事一覧

当院のコンセプト

“大学病院で活躍した技術”をベースに、慰安的な施術や安易な電気治療ではなく、結果にこだわった治療を提供します。
“予防”と“生涯の健康”をテーマに、いくつになっても輝ける人生をサポートします。
あなたの目標に合わせた最適な改善方法を提案し、’’先生がいるだけで安心’’と思っていただける治療院を目指します。

当院のモットー

“身体の可能性”を限界まで引き出し、痛みのない身体づくりに貢献します。
痛みや痺れなどのお悩みを解消し、一生自分の足で歩きたい。
無駄な手術をしたくない。もっとスポーツを続けたいなどのあなたの目標達成をサポートします。

PAGE TOP