坐骨(神経痛)を治してゴルフを思いっきりやりたい!福岡市の鍼灸院おるきのブログ

こんにちは!

福岡市の鍼灸院おるきの小野です。

先日、ゴルフが好きだけどラウンド後には必ず坐骨神経痛が出て、足が痛くなるという方にお会いしました。

運動しなければいけないとわかっていても運動したら痛みが出て来るという悪循環。どうにかしたくないですか?

この患者様もそう思っていて、でもどこに行っても良くならないので『これはこういうものだ。ずっとうまく付き合っていかなければいけない病気なんだ。』と諦めていたようです。

この坐骨神経痛、病院で治そうとしている方は結構苦労しているようです。

この患者様も病院でリハビリやお薬をもらいながら、どうしても我慢できなくなったらマッサージ店などに行ってごまかしていたり骨盤矯正などを試してみたりしていたようです。

せっかく治療しても、痛みや痺れが変わらないのであれば辛いですよね。

お薬を飲んでも、リリカなどに代表されるプレガバリンという薬を飲まれている方が多いようですが、減薬をしたらまた症状が再発するなど大変なようですね。

5月に行う勉強会で小野塾の塾生には治療方法教えましょうかね(^^)

坐骨神経痛はお尻から足先にかけて痛みや痺れのような症状が出現する病気です。

小野は、坐骨神経痛には足首や股関節周囲の筋肉を整えることで対処します。

例えば、足首が悪くなれば背骨を中心とする身体の中心軸のバランスが崩れたり、重心の位置が悪くなったりします。

そうなるとお尻や腰に負担がかかって、この状態が続いて坐骨部分に負担がかかると神経痛になってしまうんですね。

もちろん、背骨に負担がかかれば脊柱管狭窄症やヘルニア、腰痛になります。

大切なのは身体のどこから負担がかかっているか見極めて治療することですね。

PS:小野塾塾生の先生方、5月の小野塾では細かい治療のポイントなどを紹介しますね!

坐骨神経痛でお困りの方は鍼灸院おるきにご相談くださいね!

糸島市、伊都、西都、志摩、九大学研都市エリア、福岡市西区、福岡市早良区や県外にお住まいの方は今宿院が便利です。

福岡市中央区、福岡市博多区、福岡市南区、福岡市城南区にお住まいの方は唐人町院が便利です。

関連記事一覧

  1. スポーツ選手のケアにも広く取り入れられている鍼灸治療

当院のコンセプト

“大学病院で活躍した技術”をベースに、慰安的な施術や安易な電気治療ではなく、結果にこだわった治療を提供します。
“予防”と“生涯の健康”をテーマに、いくつになっても輝ける人生をサポートします。
あなたの目標に合わせた最適な改善方法を提案し、’’先生がいるだけで安心’’と思っていただける治療院を目指します。

当院のモットー

“身体の可能性”を限界まで引き出し、痛みのない身体づくりに貢献します。
痛みや痺れなどのお悩みを解消し、一生自分の足で歩きたい。
無駄な手術をしたくない。もっとスポーツを続けたいなどのあなたの目標達成をサポートします。

PAGE TOP