ストレッチは怪我の原因になる!?

こんにちは!
鍼灸院おるき、院長の小野です。

昨夜、患者さんからこんなLINEが届きました。

『先生!先生が言ってた静的ストレッチ、やったら怪我の原因になるってテレビで言ってたんですけど!!!』

僕もちょうどテレビで見ていたので、嫁さんに『あ〜・・・この編集じゃストレッチしない人増えて、怪我人増えそうやね。』とつぶやいたところでした。

ストレッチの種類は2種類

ストレッチの種類は大きく分けて2種類あります。

テレビでも言っていた『静的ストレッチ』と、『動的ストレッチ』です。

それぞれ目的が違っていて、やるタイミングを間違えるとたしかに怪我の原因になってしまいます。

まず、『運動前』にやる『動的ストレッチ』

動的ストレッチは筋肉を温めたり血液を送ることで、運動する準備を整えさせるために行うストレッチです。
ここがテレビでは触れられていなかった部分ですね。

ストレッチをしないのが正解ではなく、動的ストレッチを『しなくてはいけません』。

次に、皆さんにいつもお伝えしている『静的ストレッチ』

これは、『運動後』にやるストレッチで、運動で強ばった身体をほぐしたり、関節の痛みなどを残さないようにするためのストレッチです。

静的ストレッチが怪我の原因になると言われていたのは、静的ストレッチはパワーを落とすという働きを持っているためですね。

いつも通りの感覚で動いた時に力が入らないため、怪我してしまいます。

皆様にお伝えしているストレッチは腰痛や膝痛を軽減させ、予防していくためのストレッチなので、行う時間帯は就寝前などで、しっかり時間をかけて行ってください。

テレビでもテロップでは『運動前にやる静的ストレッチは・・・』となっていましたので間違いではないのですが、『早めに行って一生懸命ストレッチしてたら怪我しまくってた・・・』という発言があり、若干わかりづらい編集でしたね。

部活生やアスリートは『早めに行って動的ストレッチ』をして、運動後はしっかり『静的ストレッチ』を行って帰ってください。

正しくストレッチを行って、怪我をしないスポーツライフを満喫してくださいね😊

福岡の鍼灸院おるき
福岡市西区今宿駅前1−3−28 今宿ホワイトマンション105

提携施設
脳梗塞リハビリステーション福岡
福岡市中央区天神3−3−7 天神応順ビル7階

関連記事一覧

当院のコンセプト

“大学病院で活躍した技術”をベースに、慰安的な施術や安易な電気治療ではなく、結果にこだわった治療を提供します。
“予防”と“生涯の健康”をテーマに、いくつになっても輝ける人生をサポートします。
あなたの目標に合わせた最適な改善方法を提案し、’’先生がいるだけで安心’’と思っていただける治療院を目指します。

当院のモットー

“身体の可能性”を限界まで引き出し、痛みのない身体づくりに貢献します。
痛みや痺れなどのお悩みを解消し、一生自分の足で歩きたい。
無駄な手術をしたくない。もっとスポーツを続けたいなどのあなたの目標達成をサポートします。

PAGE TOP