腰痛患者がやってはいけない3つのこと

腰痛患者がやってはいけない3つのこと

こんにちは!福岡市の鍼灸院おるきの小野です。

先日の記事で日本人の9割が腰痛を経験すると紹介しました。→意外と知らない腰痛のこと

海外に比べて、腰痛で悩んでいる人が多いということは2つのことを意味します。

1つめは、日本の気候が腰痛の原因になっていること。
2つめは日本の医療が腰痛に対応できていないということです。

しかし、我々が日本に住み続ける限り、気候のせいにしている場合ではありませんよね。

そこで、腰痛になったらやってはいけないことを紹介していきます。

1. 牽引をする

整形外科にかかるとよく、『牽引をしてみましょう。』と医師に勧められます。
しかし、この牽引療法は実はもう日本でしか行われておらず、海外では20年も前に廃止になっています。

理由は簡単で、ほぼ効果がないから。

最適な角度で最適な力で牽引をすると改善する例が報告されていますが、それでも改善するのはまれと言われています。

日本では医療保険制度の都合と保険点数が少し高めに設定されているため、牽引療法が好まれますが、放置しておくのと効果のほどは変わらないようです。

2. 手術をする

数年前に整形外科の医師が行った調査が話題になりました。

腰椎分離症やすべり症、椎間板ヘルニアなどで手術をした患者様と、それらの診断を受け、手術を勧められたにも関わらず手術が嫌で病院から逃げた患者様、この2つのグループで手術(手術をしなかったグループは手術予定日)から5年間の状態を比較したという調査です。

手術直後は、手術を行ったグループの方が状態が良かったのですが、3ヶ月後には手術前と同じような症状が出始める患者様が続出し、時間の経過とともに増加します。
その後、5年後には手術をしたグループと手術をしなかったグループの状態は全く変わらないか、手術をした方が悪かったという結果が出ていました。

また、腰痛診療ガイドラインによると腰痛患者が手術をして、改善が見込めるのは3人に1人だそうです。
近年ではどんどん手術は選択されなくなってきていることからも、手術をせずに済むならしないほうが良いかもしれませんね。

3. 整体に行く

先ずお断りしておかなければならないのですが、整体の先生にも、もちろん技術に優れた患者様のためになる先生はいると思います。

しかし、日本には『整体師』という資格はありません。

よく鍼灸師とまとめられる『はり師』『きゅう師』、整骨院を経営している『柔道整復師』、治療院にマッサージの名前を冠することができる『按摩・マッサージ・指圧師』は国家資格ですが、整体師は職業ではないのです。

ではなぜ、整体師の先生方がいるのかですが、日本には職業選択の自由があります。
ですので、特別に資格として法律で定められていない限り、職業を名乗るのは自由なのです。

つまり、この記事を読んでいるあなたも明日から整体師と名乗っても、誰も文句を言えないのです。
もし、あなたが明日から整体師として働くとして、患者様の腰痛が治せるでしょうか?

多分、無理と思うはずです。
場合によっては、事故を起こして『傷害罪』で起訴される場合もあります。
(鍼灸師など、国家資格保持者が万一事故を起こした場合には『業務上過失傷害』となります)

この事故などを最低限防ぐために、身体を扱う職業は国家資格があるのです。
もし、どうしても整体にかかりたい場合にはよく調べて、信頼できる方のところに行くようにしてください。

僕の患者様も腰痛で整体にかかり、腰椎を骨折させられて、入院からの寝たきりになってしまいました。

自分の身を守るのは自分です。
治療方法はしっかり検討し、選ぶようにしてくださいね。

鍼灸治療は腰痛の改善に効果が認められている治療法のひとつです。

最近では痛くない鍼、刺さない鍼など、患者様の好みに合わせて治療も選択できますので、是非試してみてください。

難治性の腰痛にお困りなら福岡市西区今宿の鍼灸院おるきへ

〒819-0168
福岡県福岡市西区今宿駅前1-3-28
今宿ホワイトマンション105

Tel:080-6457-6639
Mail:kokonioruki@gmail.com
HP:http://kokoni-oruki.com/

関連記事一覧

当院のコンセプト

“大学病院で活躍した技術”をベースに、慰安的な施術や安易な電気治療ではなく、結果にこだわった治療を提供します。
“予防”と“生涯の健康”をテーマに、いくつになっても輝ける人生をサポートします。
あなたの目標に合わせた最適な改善方法を提案し、’’先生がいるだけで安心’’と思っていただける治療院を目指します。

当院のモットー

“身体の可能性”を限界まで引き出し、痛みのない身体づくりに貢献します。
痛みや痺れなどのお悩みを解消し、一生自分の足で歩きたい。
無駄な手術をしたくない。もっとスポーツを続けたいなどのあなたの目標達成をサポートします。

PAGE TOP