腰痛で治療院をお探しなら福岡市西区の鍼灸院おるきへ。今宿駅の目の前でアクセスも抜群です。

世の中には意外と腰痛でお悩みの方が多いみたいです。

病院を受診する患者様の中での受診原因では、男性で第1位、女性で第2位となっています。

それだけ困っている人の多い腰痛ですが、西洋医学の分野でもわかっていることは少なく、腰痛診療のガイドラインでも

疫学的には患者数の多い腰痛ではあるが、その定義にはあいまいな部分が多い

とされており、実は西洋医学の部分でもよくわかっていないというのが現状です。

大学院では腰痛専門で研究をしていた時期があったため色々と調べてびっくりしたのですが、日本整形外科学会が発表したデータによると、

医療機関において、腰痛を有する患者に対しX-ray Photograph(以下X-p)画像による診断方法が一般的に行われているが、その症状と病理学的所見や画像所見などとの関連性が低いことから、85%の患者に対し確定診断することができないでいる。
松原ら  非特異的腰痛の原因の検討−腰痛患者における疼痛動作と筋に対する理学療法効果の差異−. 愛知県理学療法学会誌. 26(2): 68-73. 2014

とされています。

なんと、Evidence(科学的根拠)としての病理学的所見や画像診断が的確な治療を導いていない現状があるようです。レントゲンやMRIを撮っても15%しかわからないとされているので、病院の先生に診断を受けてもたまたま当たった!ぐらいの印象になってしまいますし、そんな状態では適切な治療など受けられるはずもありません。

さて、そんな腰痛ですが、病態を考えるといろんな種類の腰痛があるとされています。

原因別に見ていくと、

脊椎由来、神経由来、内臓由来、血管由来、心因性の5つの原因とされています。

まず脊椎由来。

腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
分離性腰椎すべり症
変性脊椎すべり症
代謝性疾患(骨粗鬆症、骨軟化症など)
脊椎腫瘍(原発性または転移性腫瘍など)
脊椎感染症(可能性脊椎炎、脊椎カリエスなど)
脊椎外傷(脊椎骨折など)
筋筋膜性腰痛
腰椎椎間板症
脊柱靭帯骨化症
脊柱変形など。

次に、神経由来

脊髄腫瘍、馬尾腫瘍など。

内臓由来

腎尿路系疾患(腎結石、尿路結石、腎盂腎炎など)
婦人科系疾患(子宮内膜症など)、妊娠
その他(腹腔内病変、後腹膜病変など)

血管由来

腹部大動脈瘤、解離性大動脈瘤

心因性

うつ病、ヒステリーなど

その他

 

この様に分類されています。

鍼灸院に来られる患者様は多くが病院を色々回って、原因不明、あるいは診断を受けたけれども良くならないという方なので命に関わる腰痛という方は少ないですが、どの腰痛にしろ予防することが大切ですね。

各腰痛はこれから徐々に解説していこうと思います。

腰痛には予防方法や改善する方法が必ずあります。
早く腰痛を改善させたい人や長く同じ治療院、病院に通っている人、腰痛で困っている人を知っている人、もっと良くなりたい人は福岡市西区で腰痛治療をしている鍼灸院おるきにご相談ください。
今宿駅前すぐでアクセスも楽ちんです。

関連記事一覧

PAGE TOP