院長紹介

鍼灸院おるきの院長、小野 修司と申します。

私が鍼灸と出会ったのが中学時代に膝を怪我で痛めてしまったのがきっかけでした。
その後大学受験を回り道し、鍼灸の世界へ進み始めます。
大学時代は学科は学べたものの、実技となるとなかなか学ぶ機会がありませんでした。
鍼灸で人の役に立つという事に対しての、本当の意味を当時は知るよしも無かったのです。

そんな時に転機が訪れました、それは大学4年の最後の病院実習に参加したことです。
その実習は私の知っている鍼灸治療とは全く違ったもので、目の前の患者さんがみるみる改善されていくのです。
ある方は上がらなかった腕が治療後に上がったり、腰の痛みで歩くことさえ困難だった方が治療後は歩いて帰ることが出来たりと、この経験で私の中の世界が変わったのです。

院長 小野 修司

その時の先生である向野先生に強い憧れが生まれ、すぐに福岡まで行き弟子入りを志願しました。
じつは向野先生は、鍼灸界ではその道を極めたゴッドハンドと言われているのです。
向野先生の元へ弟子入りできたのが、私の人生を決めた奇跡ともいえる出来事でした。

私は翌年から福岡大学の大学院で多くを学び、私にしか出来ない鍼灸療法を目指していきます。
そして、大学院時代での多くの出来事、関わり合った全ての方や恩師である向野先生のご指導のおかげもあり自分の院を開くことが出来たのです。

私の精神面を鍛えてくれたのは音楽でした、私の好きな歌の歌詞に患者さんを思いやる今の精神が強い影響を受けたといえるでしょう。
そのおかげもあり、今では患者さんに『先生に出会えて良かった』『先生にもっと早く会いたかった』などと嬉しい言葉も多く頂いております。

これからも鍼灸治療への歩みを止めること無く、日々勉強し少しでも多くの患者さんを救っていきたいと診療を続けております。

プロフィール

氏名 小野 修司
資格 鍼灸師
職歴 10年
血液型 A型
星座 しし座
出身地 香川県
趣味 音楽、食べ歩き
好きなもの 自然

院長経歴

  • 鈴鹿医療科学大学 鍼灸学部鍼灸学科 卒業
  • 鍼灸学 学士取得
  • 福岡大学 研究生
  • 福岡大学大学院 スポーツ健康科学研究科 博士課程前期 修了
  • スポーツ健康科学修士 取得
  • 福岡大学大学院 スポーツ健康科学研究科 博士課程後期 修了
  • M-Test上級取得
  • M-Testインストラクター取得
  • JCCAコアコンディショニング協会ストレッチポールベーシックインストラクター取得
  • ケア・ワークモデル研究会 事務局入局、学術総会担当
  • ケア・ワークモデル研究会 会員
  • 東洋医学会 会員
  • 日本臨床スポーツ医学会 会員
  • 透析患者のための相補代替医療研究会 会員

院長経歴

院長業績

日本臨床スポーツ医学会誌
『我が国における腰痛発生率に関する文献的考察 システマティックレビューによる検討』『M-Testを用いた円皮鍼治療が筋出力および反応時間に及ぼす影響』
日本東洋医学会
『動きと経絡を応用した診断治療法(M-Test)の透析患者の症状に対する有用性』
Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine (海外誌)
『Efficacy and Cost Effectiveness of the Acupuncture Treatment Using a New Skin Stimulus Tool Called  M-Test Which Is a Measure Based on Symptoms Accompanied with Body Movements: A Pragmatic RCT Targeting Hemodialysis Patients』

発表・講演など

  • 第3回ケア・ワークモデル研究会学術総会
  • 維持透析患者のための相補・代替医療研究会全国大会
  • 第9回維持透析患者のための相補・代替医療研究会九州支部研究会
  • 第5回ケア・ワークモデル研究会学術総会
  • 第10回維持透析患者のための相補・代替医療研究会九州支部研究会
  • 第6回ケア・ワークモデル研究会学術総会
  • 第46回福岡大学東洋医研究会
  • 第64回日本東洋医学会学術総会
  • 第7回ケア・ワークモデル研究会学術総会など
PAGE TOP