スタッフ紹介

小野修司のイメージ

鍼灸院おるき 代表

小野 修司

得意疾患
変形性関節症・腰痛などの整形外科疾患
スポーツ鍼灸・コンディショニング、めまいなど
担当治療院
今宿院・唐人町治療院
松本美由季のイメージ

医学博士

松本 美由季

得意疾患
変形性関節症などの整形外科疾患
スポーツ鍼灸・片麻痺など
担当治療院
今宿院・唐人町治療院

小野 修司

鍼灸院おるきの院長、小野 修司と申します。

私が鍼灸と出会ったのが中学時代に膝を怪我で痛めてしまったのがきっかけでした。
その後大学受験を回り道し、鍼灸の世界へ進み始めます。
大学時代は学科は学べたものの、実技となるとなかなか学ぶ機会がありませんでした。
鍼灸で人の役に立つという事に対しての、本当の意味を当時は知るよしも無かったのです。

そんな時に転機が訪れました、それは大学4年の最後の病院実習に参加したことです。
その実習は私の知っている鍼灸治療とは全く違ったもので、目の前の患者さんがみるみる改善されていくのです。
ある方は上がらなかった腕が治療後に上がったり、腰の痛みで歩くことさえ困難だった方が治療後は歩いて帰ることが出来たりと、この経験で私の中の世界が変わったのです。

小野修司

その時の先生である向野先生に強い憧れが生まれ、すぐに福岡まで行き弟子入りを志願しました。
じつは向野先生は、鍼灸界ではその道を極めたゴッドハンドと言われているのです。
向野先生の元へ弟子入りできたのが、私の人生を決めた奇跡ともいえる出来事でした。

私は翌年から福岡大学の大学院で多くを学び、私にしか出来ない鍼灸療法を目指していきます。
そして、大学院時代での多くの出来事、関わり合った全ての方や恩師である向野先生のご指導のおかげもあり自分の院を開くことが出来たのです。

私の精神面を鍛えてくれたのは音楽でした、私の好きな歌の歌詞に患者さんを思いやる今の精神が強い影響を受けたといえるでしょう。
そのおかげもあり、今では患者さんに『先生に出会えて良かった』『先生にもっと早く会いたかった』などと嬉しい言葉も多く頂いております。

これからも鍼灸治療への歩みを止めること無く、日々勉強し少しでも多くの患者さんを救っていきたいと診療を続けております。

プロフィール

氏名 小野 修司
資格 鍼灸師
職歴 10年
血液型 A型
星座 しし座
出身地 香川県
趣味 音楽、食べ歩き
好きなもの 自然

経歴

  • 鈴鹿医療科学大学 鍼灸学部鍼灸学科 卒業
  • 鍼灸学 学士取得
  • 福岡大学 研究生
  • 福岡大学大学院 スポーツ健康科学研究科 博士課程前期 修了
  • スポーツ健康科学修士 取得
  • 福岡大学大学院 スポーツ健康科学研究科 博士課程後期 修了
  • M-Test上級取得
  • M-Testインストラクター取得
  • JCCAコアコンディショニング協会ストレッチポールベーシックインストラクター取得
  • ケア・ワークモデル研究会 事務局入局、学術総会担当
  • ケア・ワークモデル研究会 会員
  • 東洋医学会 会員
  • 日本臨床スポーツ医学会 会員
  • 透析患者のための相補代替医療研究会 会員
院長経歴

業績

日本臨床スポーツ医学会誌
『我が国における腰痛発生率に関する文献的考察 システマティックレビューによる検討』『M-Testを用いた円皮鍼治療が筋出力および反応時間に及ぼす影響』
日本東洋医学会
『動きと経絡を応用した診断治療法(M-Test)の透析患者の症状に対する有用性』
Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine (海外誌)
『Efficacy and Cost Effectiveness of the Acupuncture Treatment Using a New Skin Stimulus Tool Called  M-Test Which Is a Measure Based on Symptoms Accompanied with Body Movements: A Pragmatic RCT Targeting Hemodialysis Patients』

発表・講演など

  • 第3回ケア・ワークモデル研究会学術総会
  • 維持透析患者のための相補・代替医療研究会全国大会
  • 第9回維持透析患者のための相補・代替医療研究会九州支部研究会
  • 第5回ケア・ワークモデル研究会学術総会
  • 第10回維持透析患者のための相補・代替医療研究会九州支部研究会
  • 第6回ケア・ワークモデル研究会学術総会
  • 第46回福岡大学東洋医研究会
  • 第64回日本東洋医学会学術総会
  • 第7回ケア・ワークモデル研究会学術総会など

松本 美由季

1971年7月26日月曜日生まれ
出身:福岡県出身
しし座のB型、いのしし年生まれ

福岡で生を受け波乱万丈?な幼少期を過ごし12歳で水泳と出会う。
遅咲きスイマーでしたがめきめきタイムが伸び、中学3年から寮に入り実家を離れました。
高校は双葉女子高校(旧九州女子高校)体育科コースに特待生として入学、そしてまた寮生活。一年365日のうち360日ほど朝から晩まで水の中にいました。
高校3年でインターハイ優勝(100m背泳)し、福岡県体育協会より表彰していただきました。大学は地元福岡を離れられず、福岡大学体育学部へ特待生として入学、一人暮らし。
ここでは人生初の成績不振で挫折を知りました。そんな中、大学3年の時にゼミでスポーツ医学を選択。これが、恩師である向野義人先生との出会いとなりました。

松本 美由季

—–ここで鍼灸師としての人生に目覚めました—–
と、言いたいところなのですが、大学卒業後にも向野ゼミの大学院(スポーツ医学)に進級したものの、同時にコーチとして水泳部に残りました。
そうです、まだまだ鍼灸師になろうとは思っていませんでした。
修士課程にはいたもののアメリカのミシガン大学水泳部に短期留学に行き、オリンピック選手(競泳)やオリンピックメダリスト達がゴロゴロいるチームで、「コーチング」を学んでいたりしました。
しかし修士論文を作成している間に、鍼の魅力に少しずつ魅かれていきました。大学院修了後も助手として大学に勤務しましたが、まだ水泳を離れられずコーチを兼務していました。ここまでが私の半生、どっぷり水泳人生です。
しかし、人には人生の転換期というものがやはりあるようです。向野先生のお人柄に憧れ、この後はとうとう鍼灸師の路を歩むことになりました。ちょうど時を重ねて向野先生がM-Testを完成され、あまりの明瞭な手法に心奪われました。

鍼灸あんまマッサージ指圧師の免許を取得した後は、昭和大学医学部リハビリテーション科に特別研究生として所属し、水間正澄教授の下でリハビリとは何かをご指導いただきました。
博士号(医学)を取得後の現在は、昭和大学医学部リハビリテーション医学講座および麻酔科学講座にて臨床と研究に勤しんでいます。痛みを緩和すること、そしてリハビリをがんばっている方々のお手伝いをすることがライフワークです。また現在はご縁をいただき輝生会 初台リハビリテーション病院でも臨床をしています。
私は4代目の亥年の女です。自他ともに認める猪突猛進タイプのようで、ずっと突っ走ってきましたが、実は主人の仕事の都合で3年間日本を離れ、ドイツのAugsburgという町に住みました。他国では臨床ができないという寂しさもありましたが、本当に多くの人に支えられそして大好きなワインが美味しく、毎日ワクワクして過ごしました。人生ってどこでどんなことをやっていても楽しいものです。この期間は子育てを通して家族との濃い時間を過ごした大切な期間となりました。
さて自己紹介が長くなりましたが、これまで勉学として学んできたことを礎としながらも、私の選手として、指導者として、子として、母として経験してきたことを活かした臨床をしたいと思っています。

プロフィール

氏名 松本 美由季
国家資格 鍼師
灸師
あん摩マッサージ指圧師
中学校教諭一種免許状(保健体育)(更新せず^^;)
高等学校教諭一種免許状(保健体育) (更新せず^^;)
認定資格 M-Testインストラクターマスター
健康運動指導士
SAQ インストラクター
職歴 18年
血液型 B型
星座 しし座
出身地 福岡県
趣味 水泳(現在はマスターズ水泳 専門は背泳ぎ)
好きなもの 家族とワイン
好きな映画 グッド・ウィル・ハンティング、幸せのちから、最高の人生の見つけ方、エリン・ブロコビッチ、天使にラブソングを、ブルースブラザーズ、マンマ・ミーア、好きな音楽 シェラザード、ボレロ

経歴

  • 福岡大学大学院 スポーツ医学専攻 修了
  • 福岡大学 体育学部 助手
  • 青山学院大学 非常勤講師(体育実技;水泳)
  • 後藤学園 神奈川衛生学園専門学校 非常勤講師
  • 神奈川県体育協会 学校派遣トレーナー
  • 国立市教育委員会 中学校部活動指導員
  • 輝生会 初台リハビリテーション病院 勤務
  • 昭和大学 医学部 リハビリテーション医学講座 博士
  • 昭和大学医学部 リハビリテーション医学講座 兼任講師
  • 昭和大学医学部 麻酔科学講座 兼任講師

著書

  • 競泳勝利へのコーチング(共訳)大修館書店
  • スポーツ種目と鍼治療(8章.水泳)臨床スポーツ医学 文光堂
  • スポーツ鍼灸ハンドブック(共著)文光堂
  • 図解M-Test(共著)医歯薬出版
  • スポーツ鍼灸ハンドブック第2版(共著)文光堂
  • M-Test経絡と動きでつかむ症候へのアプローチ(共著)医学書院

論文

  • 競泳におけるトレーニング指標としてのOBLAスピード
  • Effects of gentle cutaneous stimulation using contact and sham acupunctures on the H/M ratio in patients with chronic hemiparesis.
  • Comparison of plantar pressure and plantar contact area before and after botulinum toxin type A (BoNT-A) therapy in stroke patients with lower limb spasticity.

発表・講演など

  • 頸部痛に対する鍼治療の効果: 動作解析装置を用いた検討
  • 慢性期脳血管障害後遺症の麻痺側上肢に対する鍼刺激の試み
  • 慢性期脳血管障害後遺症の麻痺側上肢に対する鍼施術の一症例
  • 低侵襲性の鍼により歩行能力の改善を認めた慢性期脳血管障害後遺症患者
  • 低侵襲性の鍼が慢性期脳血管障害後遺症患者の歩行能力を変化させた一症例
  • 慢性期脳血管障害後遺症患者に対するM-Testを用いた低侵襲性の鍼施術
  • 市民マラソンにおけるM-Testを活用した円皮針施術の効果
  • 成人アテトーゼ型脳性麻痺患者における慢性疼痛のコントロール
  • 片麻痺患者に対する接触鍼の軽微な皮膚刺激の神経生理学的評価 – 二重盲検クロスオーバー法による振幅H/M比比較 –
  • Immediate effects of minimal/non-needle acupuncture to lower limbs muscle function in chronic hemiplegic patients with stroke.
  • The effect on improvement of the activities of patients with stroke by the private home-based training program
  • Gentle cutaneous stimulation using the M-Test for disabled people with paresis.
  • Cutaneous Acupuncture Stimulations for Locomotive Pattern Modification in Gait for Volunteers and Patients with Chronic Hemiparesis.
  • Effect of Cutaneous Acupuncture Stimulations on Gait Pattern in Patients with Chronic Hemiparesis.
  • Botulinum toxin type A (BoNT-A) effects on gait in stroke patients with spastic hemiparesis.
  • Evaluation of gait in stroke patients with spastic hemiparesis after Botulinum toxin type A (BoNT-A).

など

鍼灸治療を行う際に意識していることは?

不思議な治療で終わらせないこと。理に適う治療をすること。効果を焦らないこと。コミュニケーションをとり、身体の変化を敏感に察知すること。患者の動きを見ること。患者の癖を知ること。患者の人となり、生き様を知ること。などなど

刺さなくても効果があるものなのか?

触るだけで人は変化する。ただし皮膚が正常に機能していること、末梢で感覚神経が麻痺していないこと、中枢神経の求心性入力が障害されていないことなどのいくつかの条件があると考えられますが、刺さない鍼はある一定の効果を持つ。

運動推奨しているのは、なぜか?

体は、動かさないと動かせなくなる。動く-食べる-休むという3つが揃って初めて良い体内(心躰)環境が生まれる。鍼でいくら体を動かす準備をしても動かさないなら、良いスパイラルを作ることも維持することもできない。運動は、こんな小さなページでは言い尽くせほどの身体の機能維持・向上に効果を発揮する。

得意な疾患は?

得意かどうかはわかりませんが…腰痛や肩痛、変形性膝関節症などの運動器疾患の患者さんやスポーツをする方は好きですね。疾病の時期、重症度などにもよりますが比較的痛みが好転するので。長年診ているのはやはり片麻痺、四肢麻痺の患者さんや脳性麻痺の方、ポリオ後遺障害の方でしょうか。最近は、顔面神経麻痺や三叉神経痛の患者さん、術後疼痛症候群の患者さんも拝察します。なぜか夜間頻尿(過活動性膀胱)の方も増えました。特異な例としては、水平眼振の出現するめまいの患者さんや眼球突出感を訴える方でしょうか。
不得意なものならあります。肥満解消の耳鍼です。

患者さんにメッセージ

鍼は怖いか?私は怖いです。刺されるのも、刺すのも緊張します。
鍼は副作用がないと思われますか?実はあります。勉強すると、この50年の間に1例ですが両肺気胸による死亡例の報告もあります。ベテラン鍼灸師でも気胸のリスクはゼロではないのです。だから、私たちは不断の勉強をしなければならない。そして、安心して受けられる鍼治療を提供しなければならない。と、思っています。
鍼だけで治るか?私は、鍼治療だけでは十分な効果はでないと思っています。長く麻痺の方を拝見してきたから…かもしれませんが、よりよい生活を送りたいという意欲・意識の下に、栄養、運動、休養をバランス良くとり、調和のとれた心と身体を目指して一緒に歩んでいければと思います。

当院のコンセプト

“大学病院で活躍した技術”をベースに、慰安的な施術や安易な電気治療ではなく、結果にこだわった治療を提供します。
“予防”と“生涯の健康”をテーマに、いくつになっても輝ける人生をサポートします。
あなたの目標に合わせた最適な改善方法を提案し、’’先生がいるだけで安心’’と思っていただける治療院を目指します。

当院のモットー

“身体の可能性”を限界まで引き出し、痛みのない身体づくりに貢献します。
痛みや痺れなどのお悩みを解消し、一生自分の足で歩きたい。
無駄な手術をしたくない。もっとスポーツを続けたいなどのあなたの目標達成をサポートします。

PAGE TOP