麻痺と戦って日常生活を向上させたい

身体の麻痺を諦めず自立した生活を送りたいあなたへ


脳卒中や脳梗塞など脳血管疾患の後遺障害や多系統萎縮症、多発性硬化症、リウマチなどの難病はご本人もさることながら、ご家族の負担が大きく、そのような方々の人生に治療を通して関われるのは我々にとって非常に大きな喜びとなっています。

当院では、院長が福岡大学病院にスカウトされる前、脳外科で腕をふるっていた経験を活かした治療を行なっています。

脳血管疾患や麻痺に対するアプローチはYNSA®(山元式新頭鍼療法)と呼ばれる、頭皮に対して鍼を行う方法を主として採用しています。

YNSA®は世界中で20,000人以上の医師が実践する、世界に認められた日本発の治療法です。頭皮を介して脳にアプローチできることがわかっており、あのハーバード大学などでも研究が進められています。

脳血管疾患発症後はできるだけ早期に脳へのアプローチをすることが大切です。

その方が、動かなかった身体が動くようになる確率が格段に上がるためです。

早期に治療を行うことで、その後の人生が大きく変わることになります。

ただ、鍼灸を受ければ良いというのではなく、脳神経系にアプローチできる専門の鍼灸治療でアプローチをしていく必要があります。

脳血管疾患へのアプローチはこのように早期に行う必要がありますが、必ずしもそうではありません。

当院の例では、2年間動かなかった足が施術を受けた日から動き始めたという例があります。

今までできていたことができなくなったことは非常に悲しいことですが、自分の将来、ご家族の将来を見つめ直し、当院の施術を受けていただきたい。そう思っています。

当院のコンセプト

“大学病院で活躍した技術”をベースに、慰安的な施術や安易な電気治療ではなく、結果にこだわった治療を提供します。
“予防”と“生涯の健康”をテーマに、いくつになっても輝ける人生をサポートします。
あなたの目標に合わせた最適な改善方法を提案し、’’先生がいるだけで安心’’と思っていただける治療院を目指します。

当院のモットー

“身体の可能性”を限界まで引き出し、痛みのない身体づくりに貢献します。
痛みや痺れなどのお悩みを解消し、一生自分の足で歩きたい。
無駄な手術をしたくない。もっとスポーツを続けたいなどのあなたの目標達成をサポートします。

PAGE TOP