変形性股関節症の原因と症状|福岡市西区今宿の鍼灸院おるきのブログ

このページは西洋医学的に言われている変形性股関節症の原因と治療、その結果までを解説しています。当院では別の視点からも変形性股関節症の原因と治療を考え、結果を出しています。


変形性股関節症とは

変形性股関節症はその名の通り股関節が変形して起こる病気です。

関節の変形!?と聞くとなんだか恐ろしいように感じますが、関節の変形は若い方でも起こっています。膝関節の変形だとO脚やX脚など、小・中学性ぐらいから発症するものもあれば、人工関節置換術などに代表される手術でなければ対処できない重度のものまで様々です。

変形性股関節症はその関節の変形が軽度のものから重度のものまで様々な状態があります。

変形性股関節症はその名の通り、関節の変形が股関節で起こることで発症します。

股関節は骨盤と下肢を繋いでいる関節で、骨盤部にある臼蓋と、大腿骨頭が作っています。関節部分の周囲には関節を支える靭帯や筋肉があります。

股関節に負荷がかかる状態になると『骨盤の歪み』を気にする人が増えてきます。(個人的には、骨盤の歪みは気にせず、もっと注目するべきポイントがあると思っています。)

股関節の変形が進んでくるとレントゲンによるX線画像やMRIなどの画像診断で確認できます。
股関節の痛みで病院に行ったら『股関節の隙間が無くなっていますね』とか、『軟骨がなくなっています』とか言われる人もいたでしょう。

変形性股関節症は進行すると関節軟骨がすり減り、関節の隙間がなくなります。骨同士がぶつかり軟骨が削られたり骨が削られて痛みが起こります。

有病率は男性で0〜2%、女性で2.0〜7.5%なので、女性に多い疾患と言えそうです。

変形性股関節症は他の整形外科疾患と比較すると実はまだ歴史の浅い病気です。疫学調査の数も少なく、今後一層の研究が必要とされています。


変形性股関節症の原因

変形性股関節症の原因は

遺伝的要因、加齢、肥満、スポーツ、職業(重量物の作業従事者)、臼蓋形成不全や先天性股関節脱臼などの股関節そのものの病気などが挙げられます。
(骨盤の歪みを気にする人もいますが、あまり気にする必要はありません。)

このうち、肥満とスポーツに関しては欧米人では関連性が明らかにされていますが日本人では関連性が明らかにされていません。

加齢に関しては、年だから仕方ないというわけではなく、活動量の低下が原因で筋力が衰えることが原因とされています。
適度な運動を行うことで予防できます。

その他、スポーツや肥満、職業などの影響で関節への負荷が増えた結果股関節の変形が起こると考えられています。

しかし、股関節に関して日本ではまだまだ研究が進んでおらず、サンプル数が決定的に不足しているという現状があります。


変形性股関節症の症状

変形性股関節症の症状は主に股関節の痛みです。股関節の痛みが原因で日常生活に影響が出てきます。

症状が軽度のうちは歩いたり山に登ったり、使い過ぎた時などに股関節部分に痛みを感じます。軽度なので数日我慢すれば痛みが軽くなったりします。

また、股関節の専門ではない整骨院やマッサージ院に行き全身をほぐしてもらうことでもこの頃は改善する場合があります。

症状が中程度になると日常生活に影響が出始めます。股関節の痛みが慢性的になり、多くの人が整形外科を受診します。

この頃にレントゲンやMRIを取ると痛みがある側の股関節の軟骨が擦り減り、小さくなっているのがわかります。股関節はまだまだ歴史が浅いため、専門的な治療を受けられる病院も限られます。多くの病院が保存療法を選択しますが、湿布や痛み止めが中心です。股関節専門の病院以外では専門的ではないリハビリが行われ、症状が悪化するようだったら手術を勧め始めます。

症状が重度になると日常生活のほとんどに影響があります。起きている間はもちろん、寝ている間も寝返りなどのたびに股関節に痛みを感じて目が覚めます。

整形外科を受診すると、画像検査では股関節の軟骨が完全になくなり、関節同士がくっついた状態で写ります。関節がぶつかることで骨にも影響が出て、骨の形自体が変わってしまっています。

こうなると整形外科では手術を勧められることが多いです。


変形性股関節症の予後

変形性股関節症の予後は手術成績を元に考えられていますが、あまり良好とは言えないようです。整形外科では保存療法や手術療法が選択されます。

手術内容にもよりますが、手術をしても経年により24〜47%が病状が進行します。

関連記事一覧

PAGE TOP