当院のコンセプト

通い続ければ良くなる。
そんな勘違いをしていませんか?

  • 身体の痛みや辛さで悩んでいる
  • 手術をせずに身体の悩みを解決したい
  • 手術をしたのに、身体の痛みが良くならない
  • 年齢のせいと諦めたくない
  • ずっと元気で動ける身体が作りたい
  • 体調に合わせてメンテナンスしてくれる治療院に出会いたい

これは当院にたどり着いた患者様が初診時に抱えている悩みの一例です。
今、病院や整骨院、鍼灸院、整体院などは増加の一途を辿っており、気軽に身体をケアできる時代になりました。

しかし一方で、上記のような悩みを抱き続けている患者様も少なくありません。
病院や治療院に通い続けているのに、です。

コンセプトのイメージ

痛みや痺れなどの症状で悩んでいる間、実は病気は進行しています。これは病院や治療院に通っていたとしても同じことです。痛みは身体からの危険信号です。身体への負荷や疲労が積み重なり、何か対処をしなければ危険な状態のアラームになっています。
その痛みが取り除けず、しかし、信じて通い続けてしまった場合、症状がよりひどくなって大きな病院に紹介されます。

市中の病院や治療院から徐々に大きな病院、総合病院を経て大学病院などの特定機能病院へと紹介されてゆくのです。
そして、最終的にたどり着いた病院で手術を受けたり、手術を受けたにも関わらず痛みが良くならないため、結局また治療院を探すことになります。
ならばいっそ、最初から大学病院で受けられる治療を受けられるようにしようというのが当院のコンセプトです。

コンセプトのイメージ

当院のコンセプト
大学病院の技術を地域医療に

当院では治療家と研究者、双方の視点から効果を検証した最適なアプローチをご提案します。

病気の理解、これまで受けてきた治療、その治療のエビデンス、全く異なる視点からのアプローチ、様々な要因を考慮し、治療を開始します。

近年、街を歩くと『骨盤矯正』とか、『オーダーメイドの』という宣伝文句を良く見かけます。
しかし、実際に最新の解剖学を見てみると実は動くはずのない骨に一生懸命アプローチしてみたり、写真を撮ってそれらしいことはやっているのに全員同じ治療だった。なんてことも多々あります。

一番重要なのは、あなたの症状やお悩みの原因を見極め、原因に確実にアプローチしていくことだと考えています。

ヘルニア、変形性関節症、半月板損傷
このような診断をされても、実はそれが痛みの原因ではないことをご存知でしょうか?

鍼やマッサージ、電気治療、これらは全て、実験室では確実に筋肉が柔らかくなっています。
にも関わらず、一般の病院や治療院で実際に患者様に施術すると全く腰痛が変わらなかったり、かえって悪くなったというケースをよく耳にします。

しかし、実験では良くなるのに現場では良くならないなんてことは起こりえません。

腰が悪くなったから腰にアプローチ、膝が悪くなったから膝にアプローチをしても痛みが変わらないのは、そもそも痛みの原因を履き違えているからに他ならないのです。

多くの治療院が『骨盤矯正』や『身体の歪みを整えます』と謳っていますが、私が尊敬するレベルの治療家は誰もそんなことを言っていません。
そもそも、骨格は筋力が強く使用頻度も高い利き腕側に引っ張られますから、骨格はわずかに歪んでいるのが正常なのです。

何が原因で痛みが出ているのか。これを見極めなければ、症状の改善は見込めません。

また、レントゲンやMRIなどの画像検査で『骨がすり減っている』と言われることがあります。
もし骨の変形が痛みの原因である場合、手術をしなければ『骨の変形』は取り除けません。
しかし、多くの方は調子の良し悪しがあります。全く痛くない日もある方がいます。

骨の変形と痛みがリンクしているのであるならば、『天気の良い日は骨の形も良く、天気が崩れると骨の形まで崩れる』といったおかしなことにもなってしまいます。

しかしなぜか、病院では骨の変形を指摘され整骨院や整体院では骨格の歪みや骨盤の歪みを指摘されます。
骨以外にも筋肉や腱、神経などの大切な組織はいっぱいあるのに。

海外で教えている最新の解剖学では骨や軟骨の変形が痛みの原因になっているという説はどんどん否定されています。

なぜ日本では知られて行かないのでしょう?

コンセプトのイメージ

どんな症状でも、その人によって原因はまったく異なります

腰痛、膝の痛み、股関節の痛み、痛んだ原因が人によって全く違うのは誰でもわかります。
なのに、みんな同じ部位を痛めているとか、みんな同じ治療で良いということがあるはずがありません。

あらゆる角度から原因を考え、細かく動きを分析し、身体に合った最適なアプローチを目指していきたいと思います。

あなたのかかりつけの治療家として、より良い人生のサポートを

お悩みの症状がある場合、私は患者様に、『治療としては通い続けていただく必要はありません。』とお伝えしています。
多くの場合、その場で痛みを取るという行為はそこまで難しいものではありません。

しかし、痛みや辛さの予防、お身体のメンテナンスということを考えると、長期的にお付き合いさせていただくことがほとんどです。

私は患者様の人生を預かり、一緒により良いものに変えていく仲間でありたいと考えています。
そのためにより良い環境を作り、技術と知識を磨き続け、気軽になんでも相談できる一人の人間であり続けようと思っています。

『おるき』とは、高知の言葉で『(ここに)いるよ』という意味です。
『どこに行ったらよいかわからない』
『何か心から安心できる場所を見つけたい』
そんな悩みのある方の居場所になれるように、『おるき』という名前をつけました。

治療家として、研究者として、そして何より人生を一緒に歩み続ける仲間として、みなさんの回復、予防、健康づくりに貢献したいと考えています。

私を選んでいただければ、何でも相談できるかかりつけの治療家としてお悩みの解決、健康づくりのアドバイザーとして全力でサポートさせていただきます。

子供から痛みに悩む中高年の方、アマチュアからトップアスリートまで全ての皆様のご来院を心よりお待ちしております。

治療院・料金案内

鍼灸院おるき発祥の地
大学病院の技術を継承し進化させ続けている治療院

鍼灸院おるき 今宿院

〒819-0168
福岡市西区今宿駅前1−3-28 今宿ホワイトマンション105

今宿院のイメージ 今宿院について詳しくはこちら

高い技術を修得したスタッフだけが待機する
治療専門の鍼灸院

鍼灸院おるき 唐人町治療院

〒810-0063
福岡市中央区唐人町1-3-9 ギャラリー京2階

唐人町治療院のイメージ 唐人町治療院について詳しくはこちら

当院のコンセプト

“大学病院で活躍した技術”をベースに、慰安的な施術や安易な電気治療ではなく、結果にこだわった治療を提供します。
“予防”と“生涯の健康”をテーマに、いくつになっても輝ける人生をサポートします。
あなたの目標に合わせた最適な改善方法を提案し、’’先生がいるだけで安心’’と思っていただける治療院を目指します。

当院のモットー

“身体の可能性”を限界まで引き出し、痛みのない身体づくりに貢献します。
痛みや痺れなどのお悩みを解消し、一生自分の足で歩きたい。
無駄な手術をしたくない。もっとスポーツを続けたいなどのあなたの目標達成をサポートします。

PAGE TOP